風俗で働く前に譲れない部分はハッキリさせておこう

>

こんな人が面接では優位

最低限のマナーは忘れずに

まずは、絶対に忘れてはいけない基本的なことについてご説明させていただきます。
それは、最低限のマナーというものを身に着けておくということです。

なぜマナーが大切なのかと言いますと、いくら風俗業だからとはいえ一般常識というものは必要になっていきますし、一応接客業なのでお客様をいい気分に出来るかどうかというのも大事になっていきます。

では、どういったことが最低限のマナーにあたるのでしょうか。
例えば、面接の最初と最後にはきちんとあいさつをするとか時間に遅れない、遅刻や延期のときには必ず連絡を入れる、そして相手の質問に対して笑顔でハキハキ受け答えをするということです。

こうやって見てみると、風俗業も他のお仕事と変わらないというのがわかりますね。

自己主張はしっかり

では、面接中の先方とのやり取りで気を付けないといけないことはなにがあるのでしょうか。

まずは、自分の意見というものはこの際ですからハッキリと言っておきましょう。
いくらくらいの給料が望めるかなどのお金に関することや、いつから勤務可能かとか何曜日を休みにしたいかなどの出勤に関すること、さらには自分はどこまでのサービスならOKかなどの仕事内容についても、言いたいことは言っておきましょう。
あとあとになって、お互いに不満になってもいいことはありませんしね。

そして、先方がどんな人材を求めているのか、自分はそれに合わせられるのか、その店の色に自分は合っているのかも見極めていきましょう。
言ってもまだ面接の段階ですので、もし合わないなと思ったら辞退しても構いませんので。